TEMARIYA handmade masks

台湾デザイナーズマーケット Pinkoi好藝市 当日レポート 2016/8/132016.08.20

Pinkoi 【好藝市】無事に終了しました!

 

こんにちは

TEMARIYA が海外向けの販売でお世話になっている「Pinkoi」というアジア最大級のデザイナーズマーケットがあるのですが、その「Pinkoi」主催の8月13日に台湾の台北で開催された「好藝市」(ハオ イー スーと読みます)に出展して来ました!

 

Pinkoiアジア最大級のデザイナーズマーケット
Pinkoiの看板後ろのブースが受付をするブースになります。

 

「好藝市」とは?

「好藝市」は台北でも最もデザイン関連施設が集まる松菸誠品前廣場で開催される台湾最大級のデザイナーマーケットイベントです。台湾、日本、香港、タイ、アジア各国からデザイナーが集まり、作品を展示販売できます。

 

TEMARIYAもいつかは「好藝市」に出展できたらいいなと思いつつ、、6月に開催された「好藝市」を見に行ったのですが、出発3日前に8月の出展決定のお知らせをいただき、下見も兼ねて「好藝市」を見に行くことが出来ました。

 

6月に「好藝市」に行った時の様子はこちらです。

 

今回は実際に「好藝市」に出展した際の準備〜当日のレポートまで、記録として残しておこうと思います。こちらのトピックでは “当日レポート” としてイベントが始まる前から終わるまでの様子をレポートします。

 

【Pinkoi X 好藝市(ハオ イー スー)】

日程:2016年8月13日(土)
開催時間:15:00~20:00(夏場の為、通常より1時間遅いスタート)
開催場所:台北文創大樓(松菸誠品前廣場)

     台北市信義區菸廠路88號(松山文創園區內)

 

Pinkoiアジア最大級のデザイナーズマーケット
当日来場者抽選イベントなどもあり、受付ブースもたくさんのお客様がいらしていました。

 

「イベント開始前に両替しよう」

「好藝市」は、松山文創園區(ソンシャンウェンチュアンユアンチュー)という使われなくなった古い煙草工場の広い敷地を利用したリノベーションスポットの中にある屋外の広場で開催されます。私は地下鉄を利用して会場まで行きました。板南線「市政府」駅が近く、事前に②番出口にはエスカレーターがあることをPinkoiスタッフの方から聞いていました。当日は、大きなスーツケース持参でしたのでエスカレーターのある②番出口を利用しました。

 

また、イベントが始まる前に両替をしました。台湾の空港で日本円からNT$に両替はしましたが、販売の際にお客様から受け取るお札は NT$1000紙幣がメインの為、釣り銭としてはNT$100札、NT$200札、NT$500札、NT$50コインがないと対応出来ません。私も、事前に両替して行きましたが、イベント中に何度も NT$100札が不足してしまい会場の向かいにある「誠品生活 松菸店(チョンピンションフオソンイエンディエン)」に行き、小額の物を購入してNT$1000札を崩しました。。(近くのコンビにでも両替出来ますが、往復すると15分程かかってしまいます)

 

台湾通貨 NT$
出典:ShotripTAIWAN
 
「準備をしている時からお客様が、、」

イベントは受付14:00、スタート15:00でした。台湾の夏は暑い為、通常より1時間遅いスタートになっています。14:00前には会場に到着して場所を確認、14:00からブースの設営を始めました。事前にPinkoiスタッッフの方から、場所柄(普段から人通りも多く、観光客なども多いため)ブースの設営を始めるとすぐにお客様が見に来られると思います、と伺っていた通り設営を初めて間もなく、お客様がちらほらブースに立ち止まって下さり、15:00スタートのところ14:40くらいから販売は始まりました。

 

Pinkoiアジア最大級のデザイナーズマーケット
イベントが始まってから終了するまで、ずっとお客様で賑わっていました。
Pinkoiアジア最大級のデザイナーズマーケット
TEMARIYAのブース、商品を手に取るお客様で常に人だかりが出来ていました。
Pinkoiアジア最大級のデザイナーズマーケット
夜になってもお客様は途切れず、ものすごい熱気でした。

 

「初の海外出展終了!」

イベントがスタートしてからは休憩も取れない程、続々とお客様がいらして下さり商品をたくさん購入していただきました。商品の陳列されたブースの写真も記録に残したかったのですが、常にお客様がブースの前にいる状態で、写真すら撮れなかったほどです。

 

Pinkoi Facebookページで当日の写真がご覧いただけます。こちらです。

 

実際に台湾でのイベントに出展して感じたことは、想像以上に中国語での対応が求められたことです。中文のリーフレットなど用意して行きましたが、台湾のお客様から熱心に質問されることも多く、イベント中は台湾人のスタッフに対応してもらいました。彼女達がいなかったら、こんなにも成果は上げられなかったと思います。

 

心配していたお天気ですが、雨が降りそうになりつつも最後まで降らずに本当に良かったです。初の海外出展、いろいろと勉強になることも多く刺激をたくさんもらいました。台湾は日本から3時間半で行けますし、言葉の壁はありますが、こういった機会をもっと増やしたいと思いました。今回、海外出展のチャンスを与えていただき、出展へのサポートをしていただいたPinkoiさんには本当に感謝しています。ありがとうございました!

 

 

以上が、イベント当日のレポートです。イベントの下見に行った時のことや、当日までに準備したことは、別のトピックでレポートしています。

 

6月に「好藝市」に下見に行った時の様子はこちらです。

実際に出展した「好藝市」の “当日までの準備編” はこちらです。

 

この記事は2016年8月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

 


Top